兵庫県姫路市西新在家のアロマテラピースクール・アロマテラピーサロン(公社)日本アロマ環境協会総合資格認定校・NPO法人日本メディカルハーブ協会認定校。

AFICION 兵庫県姫路市西新在家1-2-15

 
 
トップページ»  ブログ記事一覧»  コラム・研修»  アーユルヴェーダ的4月5月の過ごし方

アーユルヴェーダ的4月5月の過ごし方

アーユルヴェーダ的4月5月の過ごし方

5月が目前ですね♪
青い空!
白い雲!
緑の葉!の境目を見るのが好きです。



今春、新しいスタートを切り、生活がガラッと変わった方も多いのではないでしょうか。

少し環境に慣れてきたような、疲れが出てきたような、、、
休みたい。。。
のような感じがあれば アーユルヴェーダの智恵を少し取り入れてみてはいかがでしょうか。



アーユルヴェーダではこの時期、「カパ(土と水)」のエネルギーが乱れやすいと言われています。

そして夏は「ピッタ(火と水)」へ移り変わります。
今のうちにしっかり体調を整えておきたいものです。


カパのキーワードは

●眠い
●カラダが重たい
●しんどい
●やる気スイッチが入らない

です。

だから、カパが溜まると、気分が重くなったり
プチウツになりがちなのです。。


そんなトキは、
●やや汗をかく程度の運動をしたり、
●食事は軽めに、
●「物」も「考え」も溜め込まないようにすることです。
そして
●カラダを冷やさないことです。消化力も弱るので、、、

また
環境の変化が大きいトキには毒素排出を意識すると
体質改善出来るかもしれませんよ。


●オイルマッサージや
●プチ断食
●ハーブソルトでバスタイムは
リラックスしながら できます。

簡単なことから始めてみられてはいかがでしょうか。


春を楽しみましょう♪

2017-04-22 18:09:18

コラム・研修   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント