ハーブ先生のつぶやき:ルイボス ローズヒップ

 

ハーブの勉強って覚えることも沢山ありますが
興味深いのです。言葉も面白いので
AFICIONの先生たちはイチイチつぶやいています。

 

 

【ルイボスティー】
ルイボスの中に
『アスパラチン』という成分があるんです。
『アスパラチン』ですよ。
プププと笑ってしまうレベルで面白くないですか?

『ルイボスって活性酸素の消化機能がめちゃ高いのよ。
アスパラチンの割りにやるな~!!』

という具合に難しいハーブのテキストのページも楽しくやっております。

 

 

【ローズヒップ】

『”ビタミンCの爆弾”って他に言い方無かったのかな~
ドカーンっていう感じなのかな?』

ジャムにしたら美味しいし 赤色は何より元気になります。

 

 

 

クワノハも入れてみよう!
血糖値をゆるやかにするしなー
クワノハ・桑の葉・マルベリーって名前が沢山書いてあるのね~』

 

 

 

『そういえば カレンデュラもマリーゴールドって言ったりするしね』

 

 

エゴマなんて
ジュウネンと言ったり、えぐさ、アブラツブ、アブラエって何個覚えないといけないのよ!ってぐらい別名あるよ』

 

 

『ローズヒップのお話なのに違う話になっちゃったね。ははは』

これだけで生徒さんの記憶に残るんですね。
後日、「あのときの盛り上がりが頭に残ってました」と試験後のご報告がありました。

 

 

 

ローズマリー

お菓子を作るのが得意な人に
ローズマリークッキーの試作をお願いしました。

チーズの味が利いてて美味しかったのですがローズマリーの量を確認されたので

『ローズマリーは味を変化させやすいから もう少し多くても良いんじゃない??
若返りの妙薬ってハンガリアンウォーターもあるし
記憶力、集中力にも話題のハーブだからね~。』と。

 

 

そして、ある日

クッキーが10円玉大からシングルCD並みに大きくなっていました。

って今の若い人にはシングルCDが分からないですよね。笑。

ローズマリーへの思い入れが強くなったようで、、、

そうやって身近なものとして感じて頂ければ幸いです。