ST.ジョーンズワートクリーム 【アロマ&ハーブクラフト教室】

 

【手作りコスメ教室】ではふわふわクリーム作りが人気です。

 
セントジョーンズワートのクリーム作り。
イギリス貴族出身、京都大原在住、NHKにも多数出演されている

ハーブと言ったらこの人!

ベ二シアさんも
肩こりの際にはセントジョーンズワートオイルでマッサージされるそうです。
痛みや炎症を抑えてくれる作用がありますからね。
ハーブを漬け込んだオイルの魅力は未知数です。
ドライハーブがひたひたになるくらいの植物オイルを注いで2週間以上置いておきます。
それを濾したものを使うのですが、このときが魔女気分のピークです。

 
なぜ化粧品を自分で作るのか?
それは、自分で作るものには材料に何を使っているかが把握できるので安心だからです。
不幸にも?アレルギー症状が出た場合には、

原因がこの材料の中にあることも明白ですから、

長時間待って、検査費用を出して病院で検査しなくてもあぁこれは自分に合わないんだなということになり、逆にラッキーかもしれません。
次回からは別の材料を使います。
保存料も入れませんのでなるべく早く使い切らなくてはいけません。
なので 一生懸命お顔も身体もべたべたとあちこちにつけて、家族にもほらほらーと半ば強引に使っていると 結局あっという間に無くなりますから心配ご無用。
セントジョーンズワートはプチ鬱にも良く紹介されていますが、「サンシャインサプリ」の名のとおり元気になる気がします。
気持ちの問題も大きいのは確かです。信じるものは救われると言いますし。
6/24(聖ヨハネの日)に収穫すると治癒力が最も強いと専門書にも記載されているんですよ。

以下の医薬品との併用は注意が必要です。
インジナビル
ジゴキシン
シクロスポリン
テオフィリン
ワルファリン
経口避妊薬