寒い日の飲み物はチャイにしチャイな

 

皆様紅葉は楽しまれましたか?もう秋というより「冬」な氣がしますね。。。寒い。。。

そんな日に温かいチャイは幸せを感じます。
春も季節の変わり目で朝晩の気温差に体調を崩される方もありますから自分の元気の元を作っておきましょう。

「元気」は氣(エネルギー)の元(基礎)!
元気に楽しく過ごしたいトキだからこそ チャイを!

 

作り方はいたって簡単!

チャイには欠かせないスパイス3種があれば紅茶とミルクと混ぜるだけです。

 

【材料】

シナモン、カルダモン、クローブ、紅茶(セイロンがおすすめですがなければ他のものでもOK)、牛乳

 

【チャイの作り方】

①チャイをいただくカップより少し多めの水と茶葉、スパイスを鍋に入れ、中火にかけます。
②沸騰したら弱火にして牛乳を水と同量位入れます。
③沸騰したら茶こしで濾してカップに注ぎいれます。
④香りと色を楽しみながらいただきます♪
※紅茶の茶葉は牛乳を入れる前のタイミングでもお好きなように。

そして、

ブラックペッパー、ターメリック、ジンジャー、黒糖、(アーユルヴェーダでは蜂蜜は加熱しませんので60度以上のチャイには投入せずペロッとなめて別口です。)ローリエなんかを隠し味に、追加しても日本の味噌汁のように各家庭の味が楽しめますね。

 

スパイスはパウダーのほうがお手軽ですがホールのほうが風味も良くてインドチックな気分でいただけます。
すりつぶすと楽しいですし香りも広がります。

生徒さんに教えてもらったレシピ、紅茶をほうじ茶に変えて「ホウジチャイ」も面白いお味でした♪
桜茶を使って「サクラチャイ」(塩分少なめで)も和を感じられ、可愛いピンクでほっこりします。

ミルクを淡路島牛乳にしたり、大山牛乳やよつば牛乳で違いを実験したり(私にはほぼ分かりません。笑)
豆乳にしてみたり。
黒糖はミネラルが豊富で健康に良いですし、少し苦味ある種類のものがコクがあり、美味しいです。
次は和三盆を使ってみようかしら、、いや、もったいないか。。。
「和三盆は黄土色っぽいのが高級なのか~」
「紅茶はアッサムが王道かな~、アールグレイはアールグレーとして飲むほうが良いかな~」などと
種類があり過ぎて またまた 脱線しそうなので 今日のところは この辺で。。。

※マサラティーとは チャイのことでハーブ&スパイスを紅茶、ミルクと煮込んだもの。
ヒンドウー語でハーブやスパイスを混ぜ合わせたもの。

ステキなカップやスイーツをコーディネイトしての お も て な し に。。。

冷たいチャイも美味です♪

またショップでもスパイス講座開催しますね。