アーユルヴェーダ的春の過ごし方

関西も桜の開花が目前ですね♪

青い空!
緑の葉!これらのちょうど境目を見るのが好きです。美しいですよね?!

今春、新しいスタートを切り、生活がガラッと変わる方も多いのではないでしょうか。

新年が始まり、1月は行く、2月は逃げる、3月は去ると言いますが、少し気候や環境の変化に慣れてきたような、
疲れが出てきたような、、、
しんどいような。。。
のような感じがあれば アーユルヴェーダの智恵を少し取り入れてみてはいかがですか。

アーユルヴェーダとは

インドのマッサージでしょ?
額になんか落とす感じの??

ぼんやりひろがりつつあるアーユルヴェーダですが、
世界で最も古い総合的医療システム、インドの伝統医学で
病気の治療だけでなく、予防、健康な精神、占い、栄養学、解毒、運動、哲学、規律など
幅広く いかにハッピーライフを送るか、有益な人生にするかを学ぶものです。

アーユルヴェーダでは春の時は「カパ(土と水)」のエネルギーが乱れやすいと言われています。

そして夏は「ピッタ(火と水)」へ移り変わります。
今のうちにしっかり体調を整えておきたいものです。

カパのキーワード

●眠い
●カラダが重たい
●しんどい
●やる気スイッチが入らない
●重い
●粘り気

です。

だから、カパが溜まると、気分が重くなったり
プチウツになりがちなのです。。

そして花粉症の症状は鼻水がジュルジュル、頭や目が重くなったりしませんか?

そんなトキは、
●やや汗をかく程度の運動をしたり、
●食事は軽めに、
●「物」も「考え」も溜め込まないようにすることです。
そして
●カラダを冷やさないことです。消化力も弱るので、、、
●コーヒー、紅茶、ジュースからお白湯にシフトするのも手です。

お白湯の味が分かってきますよ。

 

また
環境の変化が大きいトキには毒素排出を意識すると
体質改善出来るかもしれませんよ。

●オイルマッサージ
●プチ断食
●バスタブにハーブソルトを入れてゆっくり半身浴

リラックスしながら できますよね。

簡単なことから始めてみられてはいかがでしょうか。

 

アーユルヴェーダにご興味がある方は講座も開催しています。
色々と体験して頂きたいです。

 

春を楽しみましょう♪