ラベンダーって種類が沢山あるのです。専門家として知識を深めたい方へ。

 

ラベンダー、こんな綺麗な色が出るんですよ♪

可愛いわー❤️

ところで、ラベンダーには色んな種類があるのをご存知ですか???

ストエカス

●お花屋さんで見かける、うさぎの耳のようなのがついてるのは
「ストエカス」という種類で精油向きではないのですが、見てると触りたくなりますよね。
「イタリアンラベンダー」といわれたり、「フレンチラベンダー」、「スパニッシュラベンダー」など別名があり、春から夏に開花します。
一般的には主にポプリやクラフトに使われます。知識がある方は要注意で精油も使用します。

真正ラベンダー

●もとはフランス産なのに「イングリッシュラベンダー」と呼ばれる
「真正ラベンダー」はやけど、皮膚の再生、肩こり、ストレス緩和等に使われ、
精油の代表格です。
落ち着く〜
学名がアングスティフォリアなので「アング」と呼んでいる人がいたら確実に業界人ですね。笑。
コモンラベンダー、ラベンダートゥルー、トゥルーラベンダーなどともいわれます。
痛みの緩和に効果的で、心を落ち着け、ストレスを和らげます。

スパイクラベンダー

●すーっとするラベンダーもあるんですよ。
あまり、眠く な、ら、な、い?!
「スパイクラベンダー」はイングリッシュラベンダーと交配され、花茎が3つに分かれているので「スパイク」と呼ばれます。
カンファー臭がきつく、(樟脳のようなかおり)がするので
アロマソムリエイベントをする際も(かおり当てクイズ)ローズマリー?!と答える方もいらっしゃいます。
頭脳明晰作用があるので
ほんとにラベンダー???という感じですよね。
てんかん、妊婦さんなどには使用を控えてください。

ラバンディン

●また、「ラバンジン」はイングリッシュラベンダーとスパイクラベンダーの自然交配種です。
イングリッシュラベンダーより何週間か後に咲き始め、安価ですので良いとこ取りですね。
強い眠気は感じない方が多く、
炎症や痛みを抑えてくれます。

 

種類によって作用も違うので
リラックスしたいときに使うのか、
優しいかおりのブレンドに仕上げるのか、
目的に合わせて利用するともっと知りたくなりますよ。

 

この度から精油研究会を発足し、アロマ好きサンにもっともっと好きになってもらう講座を開催しています。

ラベンダースーパー、

ラベンダーアングスティフォリア、

ラベンダーアブリアリス、

ラベンダーグロッソ、

ラベンダーレイドバン、

ラベンダースピカ、

ラベンダーストエカス

などなど多種類の嗅ぎ比べや成分の違い等を深く学びます。

専門家としての知識を深めたい方におすすめです。

 

次回はユーカリ特集です。