マヤ暦占い

ショップでは様々なイベントや講座をほぼ毎日開催しています。

オフィシャルに公開していないものもあるのですが、

じわり人気なのがこれ、

マヤ暦占い自分分析シートです。

 


マヤ暦って何?

マヤ文明特集などTVなどでもご覧になったことがあると思いますが

なかなか神秘的ですよね。

 

現在、私たちは1年365日のグレゴリオ暦を使用していますが、

マヤカレンダーは260日周期です。

月や太陽、宇宙の法則で作られた「宇宙の暦」ですかね。

毎日の宇宙からの波動がどんなものかを

古代マヤの人たちは知っていたのでしょうか???

 

実は「古代マヤ暦」と「13の月(28日)の暦」とは同じではありません。

時間のシステムが少し違います。

このあたりは奥が深いので、簡単にするとして、

マヤ暦では 隠されたシンクロ(偶然の一致)に驚かされる事が多々あります。

キーとなる数字にもハッとすることがあるのです。

 

「2012年12月21日地球滅亡説」がなんらかの力によって誤った情報で伝えられたようですが、

紀元前から続いていた銀河のエネルギーの切り替わりで、

新しい区切りだったといわれています。

 

13の月の暦(365日暦)の1年はグレゴリオ暦の7/26が始まりです。

1ヶ月=28日

28日周期といえば、生理周期、月の満ち欠け、お肌のターンオーバーなど

体のリズムが意識できますね。

28日が13ヶ月で1年としています。

 

では、心のリズムはというと、

「銀河の音」という1から13までの命の刻印と呼ばれる

あなたの役割や能力をあらわすものがあります。

この13と太陽の紋章の20の絡み合いが

13x20=260?!

 

13日と20日の周期が組み合わさったものがツォルキン(260日暦)です。

見えないご縁や宇宙との繋がり、どんな1日になるのか、

この日が誕生日の人はどんな人なのか気付けます。

 

マヤ暦については諸説あり、著者によっても見解が異なります。

学ぶと「時間の意識」、「この世に生まれて成し遂げるべき使命や役割り」などを考えることになります。

 

昔の人も心と体のバランスが大切だって分かっていたんですね。。。

 

そして、1年(365日)=52週間です。

52もまたキーなる数字。

52才からは次の人生が始まるのでマヤ暦的には52歳は還暦だそうです。

52歳の方は自分の誕生日とKINバースデーが同じになります。

新しい自分から外への発信を意識します。


マヤ暦自分分析シート

生年月日とお名前(ニックネーム可)をお知らせいただくだけです。

A4のシートをお出ししています。

 

マヤ暦:Kinナンバー、太陽の紋章、ウェブスペル、銀河の音。

 

(おまけ)数霊:名前、音、数の持つ意味やあなたの特徴、ラッキーカラー等。

 

「あなたはこういう人です」と決め付けられるのは嫌ですが

「へー」と参考にして頂ければと思っています。

 

一番のパワースポットは「自分自身なんですって。

 

考え方を少し変えることで受け止め方が違ったり、

なんてことないことが すごいことなんだ!と気付かされたり、

小さな変化が大きな感動になるかもしれませんよ。

 

あなたにお勧めのエッセンシャルオイルやハーブなどもご提案できるかもしれません。

店頭にてお声掛けください。