歴史と香り

夏休みに美術館に行かれる方も多いと思います。

香りに関わるものを意識して鑑賞してみてはいかがでしょうか。

 

カラフルな壷や酒杯、香油瓶。。。
香りと共にガラスの技術が発展した、というのはやはりホントだったんだ!と実感できるでしょう。
古代の香りの説明があれば 是非とも一読してみてくださいね。

 

古代は焚くこと、塗ることを楽しんだそうです。

フランキンセンスやミルラ(樹脂)の煙を浄化に使ったのは神の祝福を受けるため、

また、バラやジャスミン、ラベンダーなどのお花は香りを油やアルコールにうつして

儀式や暮らしに使われるようになったのです。

「香油は神との儀式で使われた」

.

.

.

ということは、アロマセラピストは巫女!?!

トリートメントを受ける時には巫女さんだと思って

タイムトリップ気分でリラックスなさってください♪