湯シャン(お湯だけシャンプー)始めませんか?

この夏は暑過ぎて頭皮湿疹でお悩みの方からのご相談が多かったのと

季節の変わり目で髪質が変わったり、頭が気持ち悪くいのよ とうお客様のお声を聞くようになりました。

この際
湯シャンにトライしてみませんか?

毎日シャンプーを同じ箇所にダイレクトに塗布してゴシゴシこすって、
髪と頭皮が傷んでいませんか?
実は

お湯だけで70%〜80%の汚れが落ちる

といわれているんです!!
お肌や髪の油分は落とし過ぎると、、、
逆に
乾燥し過ぎてしまうのです。

では湯シャン方法をご紹介します。
__________________________________
湯シャンの仕方

①髪をといて汚れを落とす

(できればプラスチック製でなく、ツゲや豚毛などのブラシで)

②35度設定のお湯で頭皮をもみ洗いする

(寒ければ少し温度を上げてもOKですが40度以下で)

③爪を立てずに指の腹で全体をお湯だけシャンプーする

(前から後ろ、右から左、左から右、後ろから前と決めておくと全体を網羅でき、
洗う時間も長すぎず、短すぎない)

④タオルドライ

(ゴシゴシしない)

⑤ドライヤーでしっかり乾かす

(濡れたままだと菌が繁殖してお肌に良くありません)

 

以上です。簡単ですよね?

しかし

難しいのは切り替えなのです。

シャンプー剤は控えた方が良いのですが、
今までのさらさら感やふわっと感、
それに、CMからでも伝わってくるみんなが振り返る香りなどが
ないことに
なれるのに時間がかかるのです。

__________________________________
良くある質問

Q:湯シャンを始めたらシャンプーはやっぱり絶対使わないほうが良いんですよね?

—A:徐々に切り替えるも手です。2日おきや週末のみでもOK.トライすることから始めてみませんか?

Q:熱めのお風呂が好きなのですが40度以上でも良いですか?

—A:40度以上になると負担が大きくなるので、「頭皮に負担をかけない為の湯シャン」の意味がなくなってしまいます。
足湯や腰湯で温まってみてください。

Q:自分が臭い気がします

—A:呪縛が解けないときはフローラルウォーター(ハーブ蒸留水)を
ヘアースプレー代わりに振ってみてください。刺激も少なく、優しい香りがします。

Q:2,3日頭洗わなくても良いんですよね。お財布にも優しいし楽ですね。

—A:とはいえ、湯シャンが合わない人もありますし、ズボラはいけません。
お肌や体の状態を観察しながら自分にも環境にも、周りの人にも優しい暮らしが出来ればよいですね。

 

こちらもあわせてご覧下さい。

湯シャン①

湯シャン②