ローズ水をお顔に

初夏に収穫したダマスクローズを冷凍保存していました。

植物は収穫の時期によっても成分や作用が異なることがあります。

そりゃあ人間も生まれたての赤ちゃん、成長期、カラダが変わるトキ、バリバリの働き盛り、ゆっくりご隠居生活、

それぞれ食事内容や体力、エネルギーも違うのですからね。

その一番良いトキに収穫したローズを蒸留したものを蒸留体験していただき、化粧水として使用された方は多いですが、

今一度ご紹介いたします♪


実は「美魔女」とか「アンチエイジング」という言葉はAFICIONではあまり好んで使いません。

年相応に年齢と経験を積み重ねて自分自身で作ってきたお顔ですから

「抗(あらが)ってますー!!」というよりは

「自然に、だけど美しく!」を推奨しています。

しかしながら、ホウレイセンやシミ、シワはやっぱり濃くなると気になるところですよね。

あえて言いますが、ローズはアンチエイジングしたい方にはぴったりなのです。

 

皮膚を強くしたり、引き締めたりの他に、

まずあのローズの香りが心も体もリラックスさせてくれるのでバランスが取れるということなのです。

感情までにも働きかけてくるのですから!!

 

 

ローズウォーターがいい仕事をしてくれる と感じている方がご報告に来られるので、

「あらそうなんですね」と軽く会話をして

さっそくスタッフで「薄くなれ~」と実践会議することもあります。

でも、昨今の香り産業ブームや栽培ファンも多く、なんと!4万以上の種類がある中、

芳香蒸留水として使用できるものはわずかの種類なのも寂しいような、

逆に貴重であるから大切に、いえ!だけどたっぷり使いたい!

洗面器にお顔を突っ込みたい位です。

そんなときにはズバリ

ローションパック

大き目の分厚いコットンをお顔のTゾーンに、残りは頬に

べっーたり

いっちゃってください。

 

結果のご報告

お待ちしております。。。

 

ご注意:お庭の植物を蒸留する際は無農薬であることを確認しましょう。

学名が分かっている方が安心です。

不安な方は製品もありますのでそちらをご使用ください。

また、ローションパックの後はしっかり保湿しましょう。