訂正:デーツ

昨日の【あ〜ゆるゆるヴェーダ講座】の中で

デーツ(ナツメヤシ)とナツメを混同してしまっていましたので

訂正です。

*************

【なつめ(棗)】

科目:クロウメモドキ科

別名:タイソウ、ジュジュべ、ジュジューべ、チャイニーズデーツ

【デーツ】

科目:ヤシ科

別名:ナツメヤシ、デーツ

確かに良く間違えられるそうです。

 

たまたまドライフルーツ売り場で目にしたものが「なつめ」
と書いてある袋なのですが
どう見ても、プルーンなので
気になって調べてみると
なつめとナツメヤシがごちゃまぜになっている情報源もあり、
やっぱり、
きちんとしたソースからでないといけないなと反省した次第です。。。
今回はデーツ推しですが、
ナツメも生薬として知られていますし、
韓国料理でお馴染みの
サムゲタンは薬膳料理として人気ですから
ご存知の方もいらっしゃいますよね。

砂漠でも多くの実をつけ、生命力の強いデーツ
1個でいろんな働きをしてくれるといわれています。
干し柿のような味で食べすぎちゃわないように注意ですが
5個くらいまではOKだそうです。

**********************

あ~ゆるゆるアーユルヴェーダ講座

今回はデーツ推し。なぜって?!


はい。オージャス倍増キャンペーン中ですから

オージャスは

活力素、キラキラオーラのような輝き成分のようなものです。

安定やおだやかさ、お肌の艶までもをよくしてくれます。

今月は秋のオススメの過ごし方やアーユルヴェーダって???というお話とともにデーツのご紹介をしました。


別名;ナツメヤシ


オージャスを増やしてくれます
夜寝つきが悪いとか乾燥肌の方、な〜んだか調子悪かも、、、という方におススメです。

特にヴァータ体質向けですね。
「抗ストレスビタミン」と言われる「パントテン酸」が含まれており、
副腎皮質ホルモン合成促進!ということをしてくれます。
つまり、ストレスの多い人の助けになってくれるのです。
あと、化学物質のデットクスも。
カフェインや酒、タバコはオージャスを破壊してしまうのでそれらを嗜好する人にはせめてデーツを食されてはいかがでしょうか?
講座は
28日も開催します♪