抽出したいのは「粘液質」なんですよね~

メディカルハーブの勉強、生徒さんといっしょに頑張っています!

今回も、神経系やら内分泌系やらの話だったので、生徒さんは かなりお疲れの様子です…。

でも!!
前にもお話したのですが、メディカルハーブの有用成分が身体のどの部分にどう作用するから、
このハーブはこういった症状のときにこうやって使用したら良いですよ~。
っていうのを説明するためには、解剖生理学や植物化学の知識が必要です!!

なので、頑張りましょう(笑)

そして、またまたお土産もいただきました!!

お家でとれた柚子。
果汁は冷凍して保存、
果皮は乾燥させて保存、
種は今までは棄てておられたそうですが、
以前私が「柚子化粧水」の話をしたので、あ~種も使えるんだ~なら先生にあげよ~と思って、持って来てくださいました!!

ありがとうございます!!嬉しいです!!

――○○さんも、柚子化粧水作ってみられましたか~?

「はい、私も作ってみましたよ。先生が言われていたので ウォッカにつけてみました」

ん!?ウォッカ!?あれ!?

――えーと○○さん、ウォッカのアルコール度数は40度ですよね?えーと、その植物から抽出したい成分がね、
例えば精油成分だったら、それなら40度以上ないと抽出されないです。
でも、柚子の種から抽出したい成分って、「粘液質」です。
粘液質が一番抽出されやすいアルコール度数って、25度くらいですよ。
なので、この場合は…例えば焼酎とか…そんなのがベストなんですよ。

「え~そうでしたっけ?確かに、ウォッカにつけたら、すんごい黄色いドロンドロンしたのが出てきました。
なのでそれを精製水で薄めて使おうかなと…。」

まぁ、それならそれでも良いんですけどね。

これからも、テキストに載っていないことも含めて、いろいろ勉強していきましょうね!!