高血圧にパッションフラワーを勧める訳

鳥取県では緊急事態宣言が解除されてはいますが、

アフィシオン鳥取校での対応は変わらず、新型コロナウイルス感染予防対策を行っております。
・三密を防ぐ
・教室の入口と窓は常時開放
・完全なるマンツーマン体制
(今後は、もしお友達同士でワークショップ体験がしたい、等のご希望があれば、承ろうとは思っています)
・短時間で終わらせる
(資格取得講座は1コマずつ行います)
・室内の消毒の徹底。

↑↑↑これもフル稼働です。

等々、十分注意しながら開講しています。

 

そして、今日の講座内のヒトコマ。

今日学習したメディカルハーブの中に、パッションフラワーというハーブがありました。

 

このハーブの適応は、精神不安、神経症、不眠、高血圧、です。

 

ん…高血圧…。

 

あ、思い出した!!

ちょっと前に、

お仕事関係の知り合いの方に、

「自分、ちょっと血圧が高いから、血圧を下げたいんだよ。

食事には気をつけているし、適度な有酸素運動もしているんだけど、

あと何か良いものはあるかな?」と言われていたのです!

 

そのときにはパッと思い浮かばなかったんですが、そうだ!このパッションフラワーをすすめてみよう!

 

ただし、このパッションフラワー、単独で使うより、他の鎮静系のハーブ

(例えば、リンデンフラワーとか、ジャーマンカモミールとか、レモンバームとか)とブレンドしてティーにした方が良いと思います。

理由は…味、かな。

良く、「癖のない味」と記されていますが、、、

アルトオモイマス。

おいしい!!とはトキメカナイです。。。から。

チーンとなって、血圧下がるのかも。。。??!!

まさか、ね。

今度この方にお会いしたときに、すすめてみようと思います(笑)