梅雨は早く寝よう

久しぶりのアーユルヴェーダネタです。

梅雨の過ごし方で私が気をつけていることをご紹介しますね♪

梅雨はヴァータ(風と空)のエネルギーが乱れるときです。
風と聞いて
思い浮かぶワードは何ですか?

 

???

 

キーワードとしては、

軽い、冷たい、乾き、動く、変わる、薄い、規則的でない
など、まさに風のままです。

風雨で冷えた体、
外は暑く、室内はエアコンで冷え冷え、時々に変わる温度、
コレ
要注意です!!

なので

冷麺や素麺、おいしいですが、あまり冷やさないように
氷はなし、薬味を入れたり、にゅう麺にしています。

あとは 早寝です。
2時から6時(14時から18時)はヴァータが優勢になる時間です。
6時までに起きると 軽い1日のスタートができます。

その時間に起きようと思うと、8時間睡眠したいなら10時には就寝、、、ですね。
朝活派の方は4時や5時に起床なので、9時にはおやすみなさ~い。ですね。

 

ちなみに

6時から10時はカパ(地と水のエネルギー)で、
重い、ねったり、おそいがキーワードですから、
お寝坊さんのイメージわきませんか?
だる~!といってタラタラしている感じ。
わかりますよね。

そして10時から2時はピッタ(火と水のエネルギー)です。
バリバリ熱く燃えている時間。
体質がヴァータの人は

いつも忙しいので「計画的に」過ごすことで
ストレスが減りますよ。

ワタシ、ヴァータなので、アイデアとかバンバン浮かんでくるのですが、
さっきしようと思ったことから次々、次々変わっていっちゃって、最初のこと忘れてしまってるんですよね。。。
出っ歯だし。

話戻ります。

・ほっと一息つくハーブティータイムを作る

・短時間でも瞑想する

などで整うのです。

それから、やたら、オイルマッサージをしています。
アーユルヴェーダ的には断然セサミオイルです。
お肌の乾燥が気になりますし、温めになりますので。

あっつぃなーっという日は冷ましてくれるココナツオイルもOKです。
消化力が落ちやすいので
便秘や下痢に注意です。
食欲が落ちたり、
ガスがいっぱいだったり、
胃の不快感などがあれば

やっぱり温まるものを摂りたいですね。

いっそ食べずに一旦おなかの中を空っぽにして休ませてあげるのもアリです。

今日は早くお布団に入って、(という計画をして)
いい夢見てください。

 

次回のショップでの あ~ゆるゆるアーユルヴェーダ講座は

8月7日です。